保険無料相談を予約する

ライフステージ別保険ガイド

case1就職したとき

まだまだ若く、自身が病気やケガなどをすることは想像しづらい時期です。扶養家族がいない場合は、生命保険などもさほど必要でないと言われています。しかし勤務中や余暇中に自動車事故を起こしたときの備えは、必ず準備しておきたいもの。また生活の余裕に応じて終身タイプの医療保険・がん保険などにも早い時期から加入しておけば、月々の掛金が抑えられ安心性と貯蓄性が高まります。

検討したい保険例

自動車・バイク保険/医療保険/がん保険

case2結婚したとき

大切なパートナーとともに、新生活を開始するよろこびに満ちた時期。そんなときだからこそ万が一の備えは最初にしっかり整えておきましょう。特に検討したいのが死亡時に支払われる生命保険・葬儀保険への加入。また単身時に加入した医療保険・がん保険がある場合は、大病を患った際にパートナーの生活を支えるのに十分な内容かどうか、確かめておくと良いでしょう。

検討したい保険例

生命保険/収入補償保険/医療保険

case3子どもの誕生

お子様が誕生すると世帯主様の責任もぐっと大きくなります。お子様の大学進学までを見越した学資保険、また万が一の際、お子様が独立するまでの養育費を準備できる生命保険への加入をお勧めいたします。また第2子、第3子が誕生した場合は、生命保険の上乗せを検討しましょう。世帯主様の入通院時に備えた医療保険・がん保険も重要です。

検討したい保険例

学資保険/生命保険/医療保険

case4住宅購入

住宅購入時には建物用の火災保険・地震保険、家財用の火災保険・地震保険などが必要となります。ご家族の中で、また保険の専門家ともよく相談した上で本当に必要な保険を選びましょう。また住宅ローンを利用する場合は、ライフプランに基づいた計画、キャッシユフローの確認が大切です。

検討したい保険例

火災・地震保険/団体信用生命保険
住宅ローン

case5退職・老後

定年退職するといよいよ老年期。定期収入がなくなり、公的年金や退職金、これまでの貯蓄などに頼る生活が始まります。あらかじめ自身やパートナーに公的年金で足りない分を補足する個人年金保険、介護が必要になった場合の介護保険に加入して備えておくと、より安心でしょう。

検討したい保険例

個人年金保険/介護保険/医療保険

無料保険相談サービス

無料保険相談サービスは
事前にご予約をいただけるとスムーズです。

ご相談無料
土日祝OK